【アーヤと魔女のあらすじ&ネタバレ感想まとめ】読む時間がない人も早わかり記事♪

スポンサーリンク
アーヤと魔女 原作 あらすじ ネタバレ 感想 ダイアナ・ウィン・ジョーンズ スタジオジブリ 新作アニメ NHK総合 宮崎駿 宮崎吾朗 鈴木敏夫 佐竹美保 漫画・アニメ

アーヤと魔女 原作 あらすじ ネタバレ 感想 ダイアナ・ウィン・ジョーンズ スタジオジブリ 新作アニメ NHK総合 宮崎駿 宮崎吾朗 鈴木敏夫 佐竹美保

『アーヤと魔女』は、2020年冬に放送のスタジオジブリの新作アニメ。

『アーヤと魔女』の原作のあらすじと、ネタバレありの感想レビューを一挙公開!

宮崎駿さん・鈴木敏夫さんの感想コメントも紹介。

原作あらすじに対してジブリがどうアニメ化するのか楽しみ!

アーヤと魔女のあらすじをポイントで押さえる

『アーヤと魔女』は、ダイアナ・ウィン・ジョーンズさん作の児童向け小説です。

宮崎駿さんが原作を気に入り、自らアニメ化を企画したほどの作品です。

『アーヤと魔女』の登場人物

登場人物
  • 主人公は孤児の「アーヤ」
    無自覚の魔法使い。特技は「人を操る」こと。
  • 里親は魔女の「ベラ・ヤーガ」
    気難しい人。
  • 同居人は「マンドレーク」
    得体の知れない長身のおじさん。
  • アーヤの仲間は黒猫の「トーマス」

『アーヤと魔女』のあらすじ

あらすじ
  • 孤児院では「自分の願い通り・言う通り♪」で楽しく暮らすアーヤ。
  • 里親(魔女のベラ・ヤーガ)に引き取られる。→下働き&ひとりぼっち
  • 「助手をする代わりに魔法を教えて!」とアーヤ。→魔女NG。手ごわい。
  • 負けじと、黒猫のトーマスと一緒に探検!→魔女の本を盗み見る。
  • 独学で魔法習得→魔女に呪いかける→アーヤの思い通りの暮らしを手に入れる。

主人公アーヤの負けん気、強気、賢さ。

「生きる力」「人生を切り開いていく姿」を描いた爽快なストーリーになっています。

本名はアーヤ・ツールで、「操る」という伏線になっていたりしますよ。

アーヤと魔女の感想まとめ

たくさんの感想レビューがありますが、簡単にまとめました。

高評価の理由①「力強いヒロイン」

  • つよい!
  • めげない!
  • くじけない!
  • かしこい!

こんな形容詞が感想レビューに多いです。

元気な女の子が奮闘する爽快なお話でありながら、でも決して「良い子」という訳ではなく、「天然の腹黒さ・憎たらしさ」を持っています。

そのブラックユーモア風が、なんとも憎めない愛らしさをかもしだしています。(笑)

「このかわいくないアーヤがけっこう嫌いじゃない♡」という読者がたくさん!

高評価の理由②「佐竹美保さんの挿絵」

アーヤと魔女の原作(日本語版)では、佐竹美保さんがイラストを担当。

物語に引きずりこまれるという声が多数!

原作者のダイアナ・ウィン・ジョーンズさんが、「世界中の挿絵画家の中で一番好き」と言っていたそうですよ。

ちなにみ、「ミミズと悪魔の絵が思ったより怖かった」という感想もチラホラ。(笑)

残念ポイント①6~10歳向けの児童書

ページ数が128p、イラストたっぷりな児童書なので、絵本に近いという声もあります。

また、アーヤが改心するわけでも成長するわけでもなく、偉ぶったままむしろそれを助長させるような終わり方だと感じる人も。

大人の読み物、としては物足りなさがあるかもしれません。

残念ポイント②あっけない終わり・物語の中途半端さ

「物語の最後は1年後にまで話が飛んでいて、その部分が詳しく描かれていなかったのが少し残念」という声が多数。

実は、原作者のダイアナ・ウィン・ジョーンズさんは2011年に肺がんで亡くなっています。

「アーヤと魔女」は治療中に書き上げた本です。

  • 母親は12人の魔女にどうして追われているのか?
  • アーヤの中の魔女の力が目覚める過程は?生い立ちは?
  • マンドレークとベラ・ヤーガの関係は?

など、謎が残ったまま。

原作者が書けなかった「幻の続き」をジブリアニメで見られるのか、気になりますね。

宮崎駿さんの感想コメント

なんという愛らしい本でしょう。
ダイアナ・ウィン・ジョーンズさんのさいごの本は、
佐竹さんのさし絵と編集の人の努力で
なんともいえない魅力のあるものになっています。
ぼくは5回位スミからスミまで読みました。
宮崎駿

引用:出典数ページ読める|アーヤと魔女|絵本ナビ : ダイアナ・ウィン・ジョーンズ,田中薫子,佐竹 美保 みんなの声・通販

鈴木敏夫さんの感想コメント(ジブリのプロデューサー)

コロナの後、世界はどうなるのか? それが現在、いろんな人のいちばん大きな関心事です。映画やテレビだって、それを避けて通ることはできません。『アーヤ』は、コロナ後に堪えられる作品なのか? ラッシュを見ながら、ぼくは何度も考えました。
そして、この作品の大きな特徴は、アーヤの賢さだと気づきました。賢ささえあれば、どんな時代も乗り越えられる。そう思ったとき、安堵あんど を覚えました。
『長くつ下のピッピ』が世界一強い女の子なら、『アーヤ』は世界一賢い女の子の物語です。
憎たらしいけど、何故か可愛いアーヤ。いろんな人に愛されることを願っています。

引用:NHKアニメワールド公式HP

原作「アーヤと魔女」は高評価!宮崎吾朗監督がんばって!

原作が高評価なだけあって、期待が高まります。

宮崎吾朗さんが監督のアニメは、2020年冬からです。

やっぱ原作読んでみたいな~という人はぜひ!短編なので読みやすいですよ。

アーヤと魔女 / ダイアナ・ウィン・ジョーンズ 【本】
漫画・アニメ
スポンサーリンク
a-mondをフォローする
ぎゅぎゅっとBLOG

コメント

Profile

この記事を書いた人
a-mond

『ぎゅぎゅブロ』では、トレンド情報を中心に書いてます。
営業時代にも雑談力のために、世の中のトレンドをチェックしていました♪

【過去実績】
・年収700万
・月商1500万

【経歴】
就活失敗→第二新卒で営業職→入社2年でうつ症状→休職→退職

フリーランスの営業職で復帰

結婚後キャリアチェンジ→主婦×パート×ブログで複業中

【発信ネタ】
・印象良くする⇒美容・健康
・雑談力を磨く⇒トレンド(TVなど)

私の人生経験が役に立ったら嬉しいです♪

a-mondをフォローする
タイトルとURLをコピーしました