【アーヤと魔女のあらすじ&ネタバレ感想まとめ】読む時間がない人も早わかり記事♪

スポンサーリンク
アーヤと魔女 原作 あらすじ ネタバレ 感想 ダイアナ・ウィン・ジョーンズ スタジオジブリ 新作アニメ NHK総合 宮崎駿 宮崎吾朗 鈴木敏夫 佐竹美保エンタメ・趣味

アーヤと魔女 原作 あらすじ ネタバレ 感想 ダイアナ・ウィン・ジョーンズ スタジオジブリ 新作アニメ NHK総合 宮崎駿 宮崎吾朗 鈴木敏夫 佐竹美保

 

『アーヤと魔女』は、2020年冬に放送のスタジオジブリの新作アニメ。

『アーヤと魔女』の原作のあらすじと、ネタバレありの感想レビューを一挙公開!

宮崎駿さん・鈴木敏夫さんの感想コメントも紹介。

原作あらすじに対してジブリがどうアニメ化するのか楽しみ!

 

アーヤと魔女のあらすじをポイントで押さえる

『アーヤと魔女』は、ダイアナ・ウィン・ジョーンズさん作の児童向け小説です。

宮崎駿さんが原作を気に入り、自らアニメ化を企画したほどの作品です。

 

『アーヤと魔女』の登場人物

登場人物
  • 主人公は孤児の「アーヤ」
    無自覚の魔法使い。特技は「人を操る」こと。
  • 里親は魔女の「ベラ・ヤーガ」
    気難しい人。
  • 同居人は「マンドレーク」
    得体の知れない長身のおじさん。
  • アーヤの仲間は黒猫の「トーマス」

 

『アーヤと魔女』のあらすじ

あらすじ
  • 孤児院では「自分の願い通り・言う通り♪」で楽しく暮らすアーヤ。
  • 里親(魔女のベラ・ヤーガ)に引き取られる。→下働き&ひとりぼっち
  • 「助手をする代わりに魔法を教えて!」とアーヤ。→魔女NG。手ごわい。
  • 負けじと、黒猫のトーマスと一緒に探検!→魔女の本を盗み見る。
  • 独学で魔法習得→魔女に呪いかける→アーヤの思い通りの暮らしを手に入れる。

 

主人公アーヤの負けん気、強気、賢さ。

 

「生きる力」「人生を切り開いていく姿」を描いた爽快なストーリーになっています。

 

本名はアーヤ・ツールで、「操る」という伏線になっていたりしますよ。

 

アーヤと魔女の感想まとめ

たくさんの感想レビューがありますが、簡単にまとめました。

 

高評価の理由①「力強いヒロイン」

  • つよい!
  • めげない!
  • くじけない!
  • かしこい!

 

こんな形容詞が感想レビューに多いです。

 

元気な女の子が奮闘する爽快なお話でありながら、でも決して「良い子」という訳ではなく、「天然の腹黒さ・憎たらしさ」を持っています。

 

そのブラックユーモア風が、なんとも憎めない愛らしさをかもしだしています。(笑)

 

「このかわいくないアーヤがけっこう嫌いじゃない♡」という読者がたくさん!

 

高評価の理由②「佐竹美保さんの挿絵」

アーヤと魔女の原作(日本語版)では、佐竹美保さんがイラストを担当。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
エンタメ・趣味
スポンサーリンク
ぎゅぎゅっとBLOG

コメント

Profile

この記事を書いた人
うさこ

『ぎゅぎゅっとブログ』の運営者うさこです。
暮らしに役立つ情報やトレンド情報を中心に発信しています。

運営者詳細はプロフィールページからご確認ください。

WEBライターや商品レビューのご依頼は「お問い合わせページ」よりお願いします。

うさこをフォローする