字が綺麗な人の特徴や性格は?「上手に書く」ことで仕事で好印象を与えよう!

スポンサーリンク
字が綺麗な人の特徴 字が綺麗な人の性格 字が上手 ペン習字 資格取得

字が綺麗な人の特徴 字が綺麗な人の性格 字が上手 ペン習字メモ書き等、仕事中に「字を書く」機会は多いです。

字が下手だと、字が綺麗な人の特徴を知りたくなります。

字が綺麗な人の特徴って実は、習い事や性格が関係していて、あなたの努力次第で改善できる事ばかり!

この記事を読んで、周りに好印象を与えましょう♪

「字が綺麗な人の特徴」には2つのパターンがある

「字が綺麗」という表現には、2つのパターンがあります。

  • 【パターン1】字がお手本のように基礎的に書かれている様子
  • 【パターン2】字が丁寧に書かれている様子

「字が綺麗」といっても、このパターンの違いで特徴が違ってきます。

【パターン1】と【パターン2】の特徴をそれぞれ見ていきましょう。

【パターン1】字が綺麗な人の特徴は「基礎技術」がある

【パターン1】字がお手本のように基礎的に書かれている様子

この字の綺麗さは、過去に習字やペン習字など、字を書く習い事を経験していた方が多いです。

私自身も小学校1年生から習字教室に通っていましたので、ブランクはあれど、「基礎的な型」は染みついています。

つまり、パターン1の場合、技術的な特徴があるから字が綺麗に書けるということです。

字のバランスが調っている

 

この投稿をInstagramで見る

 

桜真風(さくらまじ)(@sakuramaji)がシェアした投稿

「基礎的な型」と書きましたが、それは「字を綺麗に書くコツ」と言いかえても良いでしょう。

そのコツとは、「字のバランスが調っている」ということです。

字のバランスを調えるポイント
  1. 字間(線と線の間の間隔)
  2. 線のそり方向
  3. 線の長さの比率

基礎のコツを正しく身につけるだけで、字が綺麗に書けます。

書き順が正しい

字は線のつながりを意識するだけで、綺麗に書くことが出来ます。

一筆書き(ペンを紙から一度も離さず書くこと)が分かりやすい例です。

書き順が間違っていると、一筆書きは出来ません。

つまり、書き順が間違っていると綺麗な形にはならないということです。

字が綺麗な人の特徴としては、「書き順が正しい」ということが挙げられます。

まっすぐに線を引ける

習字教室でも小学校の書写の授業でも「基本点画」を一番初めに習います。

小学校の頃、あなたも、半紙いっぱいに「縦線」「横線」「はらい」「点」ばかりを書いた記憶はありませんか?

 

この投稿をInstagramで見る

 

亀田書道会(@kameda.shodo)がシェアした投稿

基本点画は8種類

点・横画・縦画・曲がり・折れ・左払い・右払い・そり

漢字を構成する「8種類の基本点画」の練習をすると、字が綺麗に書けるようになります。

8種類の基本点画がすべて入っている「永」という漢字を練習するのも効果的です。

また、基本点画の練習の時に、「起筆」「送筆」「とめ(終筆)」「はね」なども一緒に習得することが多いですね。

【パターン2】字を綺麗に書ける人の特徴は「性格」にある

【パターン2】字が丁寧に書かれている様子

この字の綺麗さは、書いた人の性格や人柄が最もよく表れます。

習字やペン習字などの習い事経験がなくても、「丁寧に書く」ことは出来ます。

では、「字を丁寧に書く人」とはどんな性格の持ち主かまとめます。

相手のことを考えて行動できる性格

字が綺麗に書ける=字を丁寧に書けるということです。

字を書くという些細なことでも、読む相手のことを考えて「丁寧に書く」という行動をとれる人ですから、相手を思いやれる性格といえます。

落ち着きがある性格

仕事中など慌ただしい中で字を書くことも多々あります。

そんな時でも、ひと呼吸おいて「丁寧に書く」ことを意識できる人ですから、焦りなどの一時の感情に支配されず、自分の気持ちをコントロールできる性格の持ち主といえます。

気性が荒くなく、落ち着いている性格です。

几帳面な性格

綺麗に書けるまで何度も書き直すような人も中にはいますよね。

そんな人を見かけたら、「物事を隅々まできちんしておきたい」という几帳面な性格であることが多いです。

余談ですが、「綺麗だけど癖字」という人はこだわりの強い神経質な性格の方が多いです。

(個人的な見解ですが、この手のタイプは男性に多い気がします)

字が下手な人は「基礎技術」を学ぶのが手っ取り早い改善策!

【パターン2】のように、「人柄」や「性格」を身に着けるには時間がかかりますし、生まれ持った性質もありますから、そもそも身に着けるには限界があります。

たとえ「丁寧に書く」ということを意識するにしても、そもそも基礎がまったく身についてない状況では、どんなに頑張っても字が綺麗に書ける可能性が低いです。

基礎がない場合、「ペン習字」などの習い事を始めること以外に改善策はありません。

独学はおすすめしません。

基礎を知らずに「間違ったやり方」「見よう見まね」で練習を続けても、まったく効果がないからです。

あわせて読みたい関連記事

ペン習字の通信講座のおすすめはどこ?仕事で実用的に使えるペン字を学ぼう【2020年版】

数あるペン習字の通信講座の中から、仕事で実用的に使えるオススメを紹介しています。

 

 

 

字が綺麗な人の特徴や性格は努力で手に入る!

ペン習字などの習い事で「基礎技術」を学び、字を書くときには「一呼吸おく」「相手のことを考えて丁寧に書く」を意識すれば、あなたも周りから字が綺麗な人と言われるようになります。

あなたの努力次第で、あなたの印象や評価を良くしていくことは大いに可能です♪

資格取得
スポンサーリンク
a-mondをフォローする
ぎゅぎゅっとBLOG

コメント

Profile

この記事を書いた人
a-mond

『ぎゅぎゅブロ』では、トレンド情報を中心に書いてます。
営業時代にも雑談力のために、世の中のトレンドをチェックしていました♪

【過去実績】
・年収700万
・月商1500万

【経歴】
就活失敗→第二新卒で営業職→入社2年でうつ症状→休職→退職

フリーランスの営業職で復帰

結婚後キャリアチェンジ→主婦×パート×ブログで複業中

【発信ネタ】
・印象良くする⇒美容・健康
・雑談力を磨く⇒トレンド(TVなど)

私の人生経験が役に立ったら嬉しいです♪

a-mondをフォローする
タイトルとURLをコピーしました