クレイジージャーニー復活【過去のやらせ内容一覧】爬虫類ハンターは放送するか?

スポンサーリンク
クレイジージャーニーエンタメ・趣味

2020年5月19日に一夜復活を経て、2022年10月からレギュラー放送が復活したTBS『クレイジージャーニー』。

過去を振り返ると、『クレイジージャーニー』は2015年4月から放送され、やらせ疑惑発覚で2019年8月に放送終了しました。

本記事では、放送終了の原因となった「やらせ疑惑」とは何だったのか、不祥事発覚の経緯などをまとめます。

スポンサーリンク

クレイジージャーニーのやらせ疑惑の内容まとめ【爬虫類ハンター企画】

 

『クレイジージャーニー』の爬虫類ハンター企画で、計15種類の生き物を事前準備し、捕獲シーンを撮影したことが発覚しました。

 

同番組では、8月14日に「クレイジージャーニー」2時間スペシャルと、同日深夜のレギュラー枠で、爬虫類ハンターがメキシコに生息する珍しい生物を探し捕獲する旅に同行取材する企画を放送。

放送で紹介した生物の6種類のうち4種類は、番組スタッフが現地の取材協力者に依頼し、ロケの前に準備していた生物を使って撮影していたことが放送後の調査で分かったと説明した。

引用:スポニチ『TBS「クレイジージャーニー」“やらせ”で謝罪 事前に準備の生物一覧』

 

事前準備が「やらせ」なのか「演出なのか」ってグレーゾーンですよね。さも、「今、発見しました!捕獲しました!」とやると、やらせかなと……。

しかも番組内容的に、ややドキュメンタリー扱いされていたので「ヤラセだ!」って大ごとになった気もします。完全なバラエティー番組として扱うなら、演出で通ったのかな……と個人的には思ったり。

もしくは、「捕獲できなかったので、用意しました!ごめんなさい!」みたいな放送の仕方なら、「そりゃそういうこともあるから準備しといてよかったね」で演出扱いでOKだった気がしますね。

 

やらせ疑惑の発覚経緯は?

なぜ、やらせが発覚したのかその経緯の公式発表はありません。

 

  • 番組スタッフが誰かに情報を漏らした?
  • 良心の呵責に耐えかねた?

 

噂はあれど、どれも憶測にすぎません。

 

事前準備で放った生き物15種類の一覧

「また番組スタッフは、現地の協力者が個体を捕まえた場所に、ロケ当日か前日に個体を戻してもらうことを依頼し、ロケ本番時その場所で捜索、捕獲していたということです」と報告した。

引用:スポニチ『TBS「クレイジージャーニー」“やらせ”で謝罪 事前に準備の生物一覧』

 

事前準備された計15種類の生き物は以下の通りです。

 

放送日生き物名
2017年2月9日ヘサキリクガメ
2017年 2月16日ラボードカメレオン
2017年8月16日ゴライアスガエル
ニシアフリカコビトワニ
2018年8月8日ヒメボア
キューバボア
フトヒゲカメレオンモドキ
2019年2月6日アフリカウシガエル
タマゴヘビ
パフアダー
2019年2月13日ノドジロオオトカゲ
2019年8月14日メキシコサラマンダー
アリゲータートカゲ
メキシコドクトカゲ
ヘルメットイグアナ

 

TBS側は、「狙った生物が見つけられなかった時の保険に」と説明しています。繰り返しになりすが、やっぱり「あたかも捕獲したかのように撮影していた」のがまずかったですね…。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
エンタメ・趣味
スポンサーリンク
ぎゅぎゅっとBLOG

コメント

Profile

この記事を書いた人

『ぎゅぎゅっとブログ』の運営者うさこです。
暮らしに役立つ情報やトレンド情報を中心に発信しています。

運営者詳細はプロフィールページからご確認ください。

WEBライターや商品レビューのご依頼は「お問い合わせページ」よりお願いします。

うさこをフォローする