【雷が怖い人向け 対策5選】光と音の遮断が克服の一歩!雷が多い時期・地域は?

スポンサーリンク

 

  • 突然の雷(カミナリ)にビクッとして悲鳴を上げてしまう…。
  • 雷の音と光が怖い!どうすれば不安や恐怖がなくなる?対策は?
  • これって雷恐怖症?対策や克服方法が知りたい!

 

雷が怖い方の中には、このような悩みをお持ちではありませんか?

 

私自身、中部地方の田舎で育ったため、突然の雷に怯えながら幼少期を過ごしました。

(私の友人のお家に、雷が落ちたことがあります…)

 

実は、この記事で紹介する『雷への対策(克服方法)』を読んでもらうと、雷への恐怖心を和らげることが可能です。

 

これから、以下の3つのポイントを詳しく解説していきます。

 

  • 雷への対策(克服方法)
  • 雷恐怖症の特徴は?その対策は?
  • 雷の多い時期や地域を知って、心の準備を

 

書いてあることを実践すると、今よりもずっと雷への恐怖がなくなりますよ。

 

それでは、さっそく見ていきましょう。

 

雷の音や光が怖い!対策方法(克服方法)を5つ紹介【自宅編】

地球温暖化の影響か、昔よりゲリラ豪雨や雷も多くなりましたよね。

 

雷の光や音への対策を5つ紹介しますので、試してみてください。

 

※恐怖心を緩和することに重点を置いているので、ご承知おきください。

 

雷が怖いときの対策①数を数える

ピカッと光った瞬間から、心の中で「1、2、3…」と数を数えます。

 

数を数えるというのは、自宅から雷が落ちた場所までの距離を測るときに使う方法なんですが、心の準備にも有効です。

 

  • 光ってから3秒後にゴロゴロと音がする:自宅から約1㎞以内のところに雷が落ちている
  • 光ってから10秒後にゴロゴロと音がする:自宅から約3.4㎞以内のところに雷が落ちている

 

だいたいの目安ですが、自宅から雷が遠ければ遠いほど、不安は消えます。

 

数を数えると、自然と心構えができるので「突然、雷が鳴った!怖い!」という恐怖が解消されます。

 

私は幼少期の頃から、この習慣で乗り切ってきました。

 

雷が怖いときの対策②カーテンを閉める

視覚的に光を見ない、音を遮断することで、雷への恐怖心が緩和されます。

 

特に、遮光率の高いカーテンだと音がかなり遮られるので、効果が増します。

 

雷が怖いときの対策③ベッド(布団)にもぐる

雷 雷恐怖症 怖い 恐怖心 不安 対策 克服

 

ベッドにもぐって頭から掛け布団をかぶります。

 

光も見ないで済むし、音も少し遮断されます。

 

なによりも、布団に包まれている安心感があります。

 

脳が「自分の布団で寝る=心身ともにリラックス状態」と経験学習しているため、布団に包まれているだけで精神的に安心感を覚えるのかもしれませんね。

 

科学的根拠はないですが、雷への恐怖心が緩和されるなら、それでOKかなと私は思っています。

 

遮光率の高いカーテンにして、「カーテンを閉める」「布団にもぐる」のダブル対策を行うと、より効果的です!

 

雷が怖いときの対策④イヤホンorヘッドホンで音楽を聴く

イヤホンかヘッドホンで音楽をかけて、気を紛らわしましょう。

 

雷のゴロゴロという音も遮断できるので、恐怖心を和らげることができます。

 

音量は、あなたが落ち着く大きさで大丈夫です。(私は普段よりも少し大きめ)

 

ただ、この方法の場合は視覚的な「光」を避けることができませんので、カーテンを閉める対策との合わせ技が有効です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
暮らしと生活
スポンサーリンク
ぎゅぎゅっとBLOG

コメント

Profile

この記事を書いた人
うさこ

『ぎゅぎゅっとブログ』の運営者うさこです。
暮らしに役立つ情報やトレンド情報を中心に発信しています。

運営者詳細はプロフィールページからご確認ください。

WEBライターや商品レビューのご依頼は「お問い合わせページ」よりお願いします。

うさこをフォローする