お香(コーン)の焚き方【初心者向け】香立の大きさは?換気方法は?焚く場所は?

スポンサーリンク

お香 コーンタイプ 焚き方 香立 香皿

  • コーンタイプのお香をもらったんだけど、焚き方がよくわからない。
  • 以前、コーンタイプのお香を焚いてみたけど、煙くて大変だった。焚き方が悪かったのかな?
  • 始めて使うけど、お香の焚き方で注意することって何かあるの?

 

お香に興味がある方、これから始めてみたいとお考えの方の中には、このような疑問をお持ちではありませんか?

 

私自身、かつて、お香の知識ゼロで始めたばかりに、お香を無駄づかいしてしまったり、煙たい部屋にしてしまうなど、失敗の経験があります。

 

実は、この記事で紹介する『初心者向けお香の焚き方』を読んでもらうと、購入~焚き方~焚いたあとの処理まで、まるっと疑問を解決することが可能です。

 

私もお香の焚き方をマスターし、お香を趣味にしています。

 

これから、以下の4つのポイントを詳しく解説していきます。

 

  • お香を焚くために準備するもの
  • お香を焚く手順
  • お香を焚く目的と効果
  • お香を焚くおすすめのシーン

 

書いてあることを実践すると、誰でも簡単に、お香を日常生活に取り入れ、お部屋の浄化ができるようになりますよ。

 

風の時代は特に、お香でお部屋を浄化すると運気アップにつながります。

 

恋愛運や仕事運を上げたい方は必見です!

 

それでは、さっそく見ていきましょう。

 

お香(コーンタイプ)の焚き方は?【準備するもの】

準備するものは、次の4つのみです。

・お香
・香立(コーンを乗せる道具)
・香皿(お香の灰を受ける皿)
・火をつけるもの(おすすめはロウソク)

 

初心者の方が一番困るのが、「香立」ですよね。

 

イメージはこんな感じです!
画像クリックで楽天ショップ飛べます。
香皿と香立のセットでお得!

 

香立の大きさや購入先などがわからなくてお困りの方は、以下を参考にしてください。

 

香立はどこに売ってる?

香立は、次のようなお店で購入できます。

・お香専門店
・仏具店
・雑貨店
・ホームセンター
・100円ショップ
・ネット通販
など

初心者にとって、専門店は敷居が高いかもしれません。

そのような場合は、ホームセンターや100円ショップを覗いてみてください。

最近は、「お香コーナー」を設けているお店も増えています。

 

香立とは、お香を乗せるための土台です。

コーンタイプのお香には、表面に凹凸のある丸型の香立を使いましょう。

 

香立ての選び方は?【大きさ・素材】

<大きさ>
直径20mm、高さ10㎜程度の丸型の香立を使います。
このサイズの香立なら、一般的なコーンの底面が直径10㎜程度なので、コーンを乗せた時に安定感があり、倒れる心配もありません。

 

<素材>
・ガラス製
・金属製
・陶器製

季節やインテリアとの調和などを踏まえ、お好みのものを選びましょう。

 

こういうのも良いですね!
画像クリックで楽天ショップ飛べます

 

香立てをお家にあるもので代用するなら?

香立がない場合は、代用品で焚くのもアリです。

香立は、実は、100円ショップや自宅にあるもので代用できます。

 

・画鋲…コーンの底に刺して燃焼します。
・ボタン…コーンのサイズに合うもなら、2つ穴、4つ穴どちらでも代用できます。
・歯ブラシスタンド…スタンドにコーンを乗せて燃焼します。

 

香立てを代用するときの注意点

ただし、代用品を使う時に注意すべきことがあります。

<香立の代用品を使う時の注意点>

  • 火を使うので、燃えない素材のもので代用しましょう。
  • 焚く前に一度、代用品の上にコーンを乗せて、コーンがぐらついたり、倒れないか確認しましょう。コーンの長さや太さによっては、代用品では支えきれないことがあります。

 

香立なしでもお香は焚けるの?

香立なしで、香皿に直接コーンを置いて焚く方法もあります。

 

しかし、熱が香皿に奪われて、最後まで燃焼せずに残ってしまったり、香皿に樹脂がくっついて落ちなくなることがありますので避けたほうが良いでしょう。

 

>>楽天で「香皿」をみる

>>楽天で「香立」をみる

 

代用品を上手く使ったり出来るので、お香は手軽に始められますよ!

 

お香(コーンタイプ)の焚き方は?【手順】

お香 コーンタイプ 焚き方 香立 香皿

 

お香を焚く時の手順と注意点を解説します。

 

コーンタイプのお香を焚く手順

手順は以下の通りです。

 

  1. 香皿の上に香立を置き、コーンを乗せる
  2. 火をつける
  3. 火を消しつつ、ゆっくり煙を立てる
  4. 10分程度、部屋に煙を行き渡らせる
  5. 燃焼後は灰の処理

 

◆手順1『お香の設置』の補足

コーンは風の影響を受けにくいので、灰はさほど散らかりませんが、香皿がないと後始末に手間がかかりますのでご注意を。

 

◆手順2『火をつける』の補足

ロウソクは火力がやさしく一定なので、コーンの先端に火がつきやすいのです。

ライターの場合、火力によってはコーンがこげつくことがありますので、気を付けましょう。

 

◆手順3『煙をたてる』の補足

火がお香へしっかりうつるサインは、先端がオレンジ色になることです。

これが確認できたら、やさしく火元を手で仰ぐなどして、火を消しつつ、煙を立たせましょう。

 

◆手順4『燃焼させる』の補足

コーンタイプのお香は火が下に伝わるほど燃える面が広くなるので、香りがだんだんと強まり、広がります。

 

◆手順5『灰の処理』の補足

収集日に合わせて、可燃ゴミに出しましょう。

灰が冷めてから新聞紙に包んだり、不要になった缶(蓋つきがベター)に移したりすると、灰が舞い上がらないです。

 

お香を焚くときは『換気』に意味がある

お香を焚くときは、必ず窓を開けて、換気を心がけましょう。

 

お香を焚く本来の目的は、余計なもの(邪気)を煙に吸ってもらい、煙を部屋の外に追い出すことです。

そのため、窓を開けて、空気の流れをよくしておくことが大切です。

また、密室で長時間、お香の煙を吸うと体に悪影響です。

「煙くて煙くてたまらない」という状況は、換気ができていないサインですので、小さな窓でも必ず開けるように心がけてくださいね。

焚き終わった後も、少なくとも焚いた時間と同程度は、窓を開けておきましょう。

 

火の取り扱いに注意

火事の原因になるといけませんから、次の4点は特に注意しておきましょう。

・お香の近くに、燃えやすいものを置かない。
・エアコンなど風が来る場所の近くで焚かない。
・不安定な場所で焚かない。
・外出時や就寝時に焚かない。(目の届く範囲内で焚く)

 

手順と注意事項に気を付けて、失敗なく、お香を楽しんでくださいね!

 

どんな場所でお香を焚くといいのか?【浄化目的と効果】

お香 コーンタイプ 焚き方 香立 香皿

 

家の中でお香を焚くおすすめの場所は次の4か所です。

・玄関
・トイレ
・リビング
・勉強部屋・書斎

これらはいずれも、マイナスの気が集まりやすい場所です。

そのため、お香を焚いて、よい気を巡らせることは、運気上昇、気分転換、心身の健康維持や増進に役立つのです。

それでは、各場所ごとに詳しく解説します。

 

玄関

家の入口なので、ありとあらゆる気が集まる場所です。

よい気ばかりが入ってくるとは限りません。

その家の第一印象が決まる場所であり、運の通り道なので、定期的に浄化しましょう。

 

<浄化による効果>

  • 外から入ってくる邪気を払い、家の中に良い気を流し入れますので、家人にとって、やすらぎを得られる場所になります。
  • やさしい香りで迎え入れることで、来客におもてなしの気持ちが伝わり、好印象を与えます。また、良縁をもたらします。

 

トイレ

排泄をするので、いわゆる厄落としの場所です。

そのため、トイレ内は厄が染みつきやすくなっています。

 

  • 水の気が働くため、その家の健康運にかかわる
  • 金運と密接に関係している

 

<浄化による効果>

  • 空気をよどみなく澄み渡らせることができ、厄を排除します。
  • 水の気が整い、免疫力アップをはじめ、心身の健康状態を維持、向上につながります。
  • 掃除と浄化で、金運上昇効果を呼びこみます。

 

リビング

家人や来客など、人々が集うため、邪気と邪念が集まる場所です。

 

ムードがよくない、話が平行線などという時は、よくない気が流れていると考えられます。

生活臭が染みついたり、残りやすい場所です。

 

<浄化による効果>

  • やさしい香りに包まれることで、温和な気分になり、落ち着いて他者と関わることができるなど、対人関係を良好にします。
  • お香の消臭効果で、気になる生活臭を解消し、澄んだ空気が巡るようになります。

 

勉強部屋・書斎

学校や職場など、外からのよい気やそうでない気が入り込む場所です。

 

そのため、邪念が多くなりがちです。

 

<浄化による効果>

  • リラックス、気分転換ができて、本来の自分自身を取り戻すきっかけになります。
  • 澄んだ空気は、集中力を上げます。また、邪念がなくなるので、勉強や仕事がはかどります。

 

【コーンタイプの特徴】どんなシーンで焚くのがおすすめ?

コーンタイプのお香は、短時間でお部屋に香りを広げることができます。

 

こんなシーンにおすすめ
  • 急な来客の予定が入った時
    20~30分程度前に、焚いておくと、上品にほのかに香るので、さりげないおもてなしができます。
  • 料理のにおいなど生活臭を消したい時
    消臭効果がありますので、いやなにおいを消して、お好みの香りを部屋全体に行き渡らせましょう。
  • 精神的に不安定な時
    香りには、心身を癒す効果があります。疲労回復や気分転換に役立ちます。

 

コーンタイプのお香の焚き方は初心者でも簡単!部屋を浄化して恋愛&金運もUP!

コーンタイプのお香は、初心者の方でもとても扱いやすいので、おすすめです。

 

  • 準備するものは、『コーンタイプのお香』『香立』『香皿』『火をつけるもの』の4つ。
  • 焚き方は、香皿の上に香立を置き、コーンを乗せる⇒コーン先端に火をつける⇒火を消しつつ、ゆっくり煙を立てる(火の元、換気、灰の処理には注意)
  • 対人面、健康面、仕事面などの運気上昇のためには、『玄関』『トイレ』『リビング』『勉強部屋や書斎』をお香で浄化する。
  • 急な来客時、生活臭の消臭、精神安定のためにお香の力を借りるのがおすすめ。

 

本記事の内容を実践すると、正しい使い方でお部屋の浄化ができますよ。

 

ぜひ、試してみてくだいね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
暮らしと生活
スポンサーリンク
ぎゅぎゅっとBLOG

コメント

Profile

この記事を書いた人
うさこ

『ぎゅぎゅっとブログ』の運営者うさこです。
暮らしに役立つ情報やトレンド情報を中心に発信しています。

運営者詳細はプロフィールページからご確認ください。

WEBライターや商品レビューのご依頼は「お問い合わせページ」よりお願いします。

うさこをフォローする