男性の日焼け止めの落とし方は?【初心者向け】クレンジングの選び方・手順・アフターケア

スポンサーリンク
日焼け止め 落とし方 男健康・美容・ファッション

 

日焼け止めの裏には「洗浄料で洗い流す」と書かれているだけで、日焼け止めの落とし方がイマイチ分からないという男性も多いのでは?

 

本記事では、男性に向けて日焼け止めの落とし方(手順)、クレンジングの選び方、落としたあとのスキンケアの方法まで解説しています。

 

男性の日焼け止めの落とし方は?日焼け止めの強さごとに違う

日焼け止め 落とし方 男

 

日焼け止めの落とし方には、3つのパターンがあります。

 

  • お湯や洗顔料・せっけんで落とす
  • メイク用のクレンジング料(化粧落とし)を使って落とす
  • 専用のクレンジング料で落とす

 

日焼け止めの本体の裏に、「せっけんで落とせます」などと丁寧に書いてあるものもあります。

 

しかし、日焼け止めの多くは、「洗浄料で洗ってください」と本体裏に書かれているだけなんです。

 

男性からすれば、「洗浄料って何?」となるでしょう。

 

洗浄料とは、汚れを落とす製品を幅広く指した呼び方です。

 

ボディーソープや石鹸で落ちない日焼け止めもあるので注意が必要です。

 

日焼け止めの強さによって、「落とし方(手順)」「使う洗浄料」が異なりますよ。

 

日焼け止めの強さ日焼け止めの落とし方
SPF10〜SPF20または
PA++
お湯か石鹸を使う
SPF30以上または
PA+++
メイク用クレンジング料(化粧落とし)を使う
SPF50以上または
PA++++
専用のクレンジング料を使う

 

では、それぞれ詳しく解説していきます。

 

【SPF10〜20・PA++】お湯orせっけんで落とす手順(顔・体)

SPF10〜SPF20またはPA++の日焼け止めは、お湯や石鹸で落とせることが多いです。

 

箇所手順
  1. 洗顔料を1センチほど指に出す
  2. その洗顔料を水(お湯)で泡立てる
  3. 泡立てたら顔全体につける
  4. クルクルと軽くマッサージするように手を動かす
    (肌をゴシゴシ擦らない)
  5. 水(お湯)ですすいで泡を落とす
    (すすぎ漏れのないように)
  1. ボディソープを適量出して、水やお湯で泡立てる
  2. 泡立てた泡を体全体につける
  3. 軽くマッサージするように手を動かす
    (肌をゴシゴシ擦らない)
  4. 水(お湯)ですすいで泡を落とす

 

「水で落ちる」と書いてあったとしても、できれば洗顔料やボディーソープを使うと良いでしょう。

 

水(お湯)で落ち切らなかった日焼け止めが、肌に負担になってしまうからです。

 

また、体の場合は広範囲を洗うので、洗い残しがないようにしましょう。

 

泡立てが難しい場合は、「泡立てネット」などを使うとやりやすいですよ。

 

【SPF30以上・PA+++】化粧落としを使って落とす手順(顔・体)

SPF30以上またはPA+++の日焼け止めは、メイク用のクレンジング(化粧落とし)で落とすと良いでしょう。

 

日焼け止めの本体裏に、「お湯で落ちる」「石鹸で落ちる」などの表記がない場合には、消去法的にクレンジングが必要ということになります。

 

濡れた手や体に直接クレンジング料をぬると、汚れを落とす力が落ちてしまいます。

 

顔や体を水で濡らす前に、クレンジング料をぬりましょう。

 

箇所手順
  1. 手の水気を切る(濡れた手でもOKの場合は水気あって大丈夫です)
  2. 500円玉くらいの量を目安にクレンジング料を手の平に出す
  3. 両の手の平を合わせて、少し揉みこむようにして温める
  4. 指の腹を使って、ゆっくり優しく肌になじませる(ゴシゴシ厳禁)
  5. 水やお湯ですすいでクレンジング料を落とす
    (ふき取るタイプのものはティッシュでふき取る)
  6. 洗顔料で洗顔する
  1. 手の水気を切る
    (濡れた手でもOKのクレンジング料は水気があって大丈夫です)
  2. クレンジング料を適量、手の平に出す
  3. 両の手の平を合わせて、少し揉みこむようにして温める
  4. クレンジング料を体全体になじませる
    (体はぬる範囲が広いので、付け足しながら行いましょう)
  5. シャワーや洗面器のお湯ですすぎ、クレンジング料を落とす
  6. 石鹼かボディソープで体を洗い、お湯ですすぐ

 

【SPF50以上、PA++++】専用のクレンジングで落とす手順(顔・体)

ウォータープルーフ(耐水)などSPF50以上またはPA++++の日焼け止めは、化粧落としでは落ち切らないです。

 

この場合、日焼け止め専用のクレンジング料で落としましょう。

 

キスミー 日焼け止め用クレンジング 90g」がよく落ちます。

 

 

手順は、化粧落としを使う場合と同じです。

 

日焼け止めが落ちにくいからといて、強くこすると、肌を傷つけてしまいます。

 

専用のクレンジング料と洗顔料を使えばしっかり落ちるので、優しく洗っていきましょうね。

 

日焼け止めが落ちているかの確認方法は?

日焼け止め 落とし方 男

 

「ちゃんと日焼け止め落ちてるのかな?」って不安になりますよね。

 

日焼け止めが落ちているかを確認する方法は、以下の通りです。

 

×:肌に水をかけると弾いてしずくが落ちる=日焼け止めが落ちていない

○:肌に水をかけても弾かずに残る=日焼け止めが落ちている

 

肌が水を弾く場合は、日焼け止め成分が残っているせいです。

 

もし水を弾いてしまう場合は、せっけんやクレンジングなどを使って、再度洗い直してくださいね。

 

【化粧落としの選び方】シート・ミルク・オイルの各注意点は?

ほとんどの場合、化粧落としを使って日焼け止めを落とすことになると思います。

 

「化粧落としって種類が多すぎて、何を買えばいいか分からない」という男性も多いでしょう。

 

大きく分けて3種類の化粧落としがあります。

 

  • 化粧落とし拭き取りシート
  • ミルクタイプ
  • オイルタイプ

 

日焼け止めの落ちやすさの順
オイルタイプ>拭き取りシートタイプ>ミルクタイプ

 

日焼け止めの落ちやすさを重視するなら、オイルタイプの化粧落としを選ぶのが最適です。

 

ただし、オイルタイプの化粧落としにはデメリットもあるので、ご自身の肌に合ったものを選んでください。

 

各化粧落としのメリット・デメリットを解説します。

 

化粧落とし拭き取りシートのメリット・デメリット

拭き取りシートタイプは、時間がない時や忙しい方におすすめです。

 

メリットデメリット
水を使わないので、いつでもどこでも楽に落とせる。毛穴に詰まった汚れまでは落とせない。
シートでこする摩擦で肌が荒れてしまう。

 

拭き取る時には、なるべく優しく行ってくださいね。

 

敏感肌の私でも染みない「ボタニカルクレンジングシート50枚」がおすすめです。

 

洗浄力GOODのひたひた大判シート!楽天1位!

 

ミルクタイプのメリット・デメリット

ミルクタイプは、敏感肌の方におすすめです。

 

メリットデメリット
ミルクなので水分がベースになっており、肌に負担が少ない。クレンジングする力が弱め。

 

ミルクタイプのクレンジングは、普段使いの日焼け止め(SPFが30以下・PA++以下)を落とす際に使用するのに向いています。

 

ミルクタイプよりも少し洗浄力が欲しいなら、ジェルタイプが優秀です。

 

ハトムギシリーズは肌への刺激もすくなく、女性もリピーターが多いのです。

 


 

オイルタイプのメリット・デメリット

オイルタイプのクレンジングは、紫外線防止効果が高い日焼け止め(SPF50以上またはPA++++)を落とすときだけ使いましょう。

 

特に、ウォータープルーフ(耐水性)がある日焼け止めを落とすのに適しています。

 

メリットデメリット
クレンジングする力が強いクレンジングの力が強いがために、肌に必要な保湿成分なども奪ってしまう。乾燥肌の原因になる。

 


 

日焼け止めのタイプによって、クレンジング剤のタイプも使い分けることが大切になります。

 

クレンジングをしたあとのスキンケアも必須!ケア方法は?

日焼け止め 落とし方 男

 

日焼け止めを落としたあとは、スキンケアが必須です。

 

スキンケアで準備するもの
  • 顔:化粧水と乳液
  • 体:ボディローションやボディクリーム

 

\私と旦那(敏感肌)が愛用している化粧水です/

 

\旦那が愛用しているフェイス&ボディ乳液/

 

洗顔後のスキンケアを行う手順【顔】

クレンジングを行って洗顔まで終わったら、必ずスキンケアを行いましょう。

 

顔のスキンケア手順
  1. 化粧水を手の平に取り、顔全体に染み込ませる
  2. べたつきがなくなるまで1分~5分ほど時間をおく
  3. 乳液を手の平に取り、顔全体に染み込ませる

 

この時に強くこすってしまうと、摩擦によって肌を傷つけてしまうので注意してください。

 

両手で顔全体を包み込むように、なじませてあげると良いです。

 

洗浄後のスキンケアを行う手順【体】

体全体の保湿には、ボディローションやボディクリームを使っていきます。

 

乳液で代用してもOKです。

 

適量を手にとり、体全体に塗っていきましょう。

 

特に、日焼け止めを塗っていた腕や首元は忘れずに塗ってくださいね。

 

>>顔も体もこれ1本!ケアセラ乳液 200mlをAmazonでみる

 

日焼け止めをちゃんと落とさないとどうなる?肌への影響は?

日焼け止めも「汚れ」と同じです。

 

ぬってある間は肌に負担をかけているので、落とさないと肌トラブルに繋がります。

 

例えば、

  • 肌が赤くなったり痒くなったりする
  • ニキビができる
  • 肌が乾燥し、肌荒れする
  • 毛穴に黒ずみができる

 

このような肌トラブルを避けるためにも、日焼け止めをきれいに落とすようにしましょう。

 

10代のうちは新陳代謝が良いので、ニキビや炎症の治りも早いです。

 

ただ、20代後半にもなると、サボったツケが必ずきます。

 

もちろん、「落とすの面倒だな…」と感じる気持ちも分かります。

 

ただ、少しの手間をかけることで、「肌荒れがコンプレックスで恋人もできない…」という未来を回避できるかもしれません。

 

ぜひ、日焼け止めを落とすところまでスキンケアしてあげてくださいね。

 

日焼け止めの落とし方を正しく守って、男性も肌をきれいに!

夏の部活やマリンスポーツ、お子さんの運動会など、男性でも日焼け止めをぬる機会がありますよね。

 

肌トラブルを防ぐためにも、正しいやり方で「つける」「落とす」を行っていきましょう。

 

  • 日焼け止めの落とし方は、本体裏の記載を確認しよう
  • SPF10〜SPF20・PA++は洗顔料やせっけんで落とせるものが多い
  • SPF30以上・PA+++は化粧落とし(ミルクorジェルタイプ)を使って落とそう
  • SPF50以上またはPA++++は専用のクレンジング料で落とそう
  • クレンジングをした後は必ずスキンケアを行いましょう

 

正しいやり方で、将来の肌を守ることができますよ!

コメント

Profile

この記事を書いた人
うさこ

『ぎゅぎゅっとブログ』の運営者うさこです。
暮らしに役立つ情報やトレンド情報を中心に発信しています。

運営者詳細はプロフィールページからご確認ください。

WEBライターや商品レビューのご依頼は「お問い合わせページ」よりお願いします。

うさこをフォローする