【ミステリと言う勿れ・ネタバレ】双子の話は何巻?三つ子の謎も解説!

スポンサーリンク
エンタメ・趣味

『ミステリというなかれ』で、入れ替わる双子と出会った整くんが、三つ子の真相に迫るお話の解説をします。(少しネタバレあり)

 

  • 『ミステリと言う勿れ』の双子の話は何巻(何話)で読める?
  • 三つ子の真相は?(『ミステリというなかれ』のネタバレ少しあり)
  • 整くんはなぜ「双子」「三つ子」の真相が分かったの?
  • このエピソードの結末はどうなるの?

 

 

漫画『ミステリと言う勿れ』を購入しようか迷っている方なら、こんな疑問をお持ちではないでしょうか。

 

私自身、ネット広告で『入れ替わる双子』のシーンを何度も目にしていたので、ずっと結末が気になっていました。

 

本記事は、以下についてまとめてあります。

 

  • 「ミステリというなかれ」入れ替わる双子の話は何巻で読める?
  • 双子の真相に気づけた理由は?整くんの謎解きポイントを5つ解説
  • 三つ子の隠された真実は2つ!
  • 物語の結末は意外な展開に…!?(ガロ君登場&複数の事件解決へ)

 

『ミステリと言う勿れ』を読んだ私がこの記事を書いています。

少しネタバレありなので、ご注意くださいね!

 

7分くらいで読める記事ですが、入れ替わる双子の謎が解決されることでしょう。

 

それではさっそくいきましょう。

 

【ミステリというなかれ】双子の話は何巻(何話)で読める?

 

双子が入れ替わるエピソードは、『ミステリと言う勿れ8巻~9巻』に掲載されています。

 

8巻27話(episode13)「ネガティブなポジティブ」から始まり、9巻28話(episode13‐2)「誰も寝てはならぬ」でエピソードが完結します。

 

ぜひ、8巻~9巻を買って、ご自身でも読んでみてください。

 

9巻ではガロ君が整くんを助けてくれるシーンもあるので買って損なし!

 

U-NEXTなら、31日間無料トライアルに登録するだけで「600円分のポイント」がもらえます。

 

  • ミステリというなかれ8巻は462円なので、ポイントで買えば完全無料
  • 登録後すぐに読める
  • 無料期間内に解約すればお金はかからない

 

ぜひこの機会にU-NEXTを利用してみてくださいね↓

\登録・解約も簡単/
※31日間以内に解約で完全無料です

 

※ここからは、ネタバレになるので見たくない人はUターンしてください!

 

双子が入れ替わる話のあらすじ&登場人物【相関図】

ミステリと言う勿れ 双子 三つ子 ネタバレ

 

主な登場人物は、以下9人です。

 

  • 久能整(くのうととのう)
  • P・ピジョン東京支社長:瓜生晃次(うりゅうこうじ)
  • 晃次の部下:楡崎(にれざき)
  • P・ピジョン前社長:鳩村一葉(はとむらいろは)
  • 一葉の娘:3姉妹(ゆきこ・みつこ・あいこ)
  • 鳩村家の世話人:詩(うた)&徹(とおる)

 

物語は、瓜生晃次(うりゅうこうじ)の「入れ替わる双子の姪(有紀子と実都子)を見分けて欲しい」という依頼から始まります。

 

しかし、完結する頃には、別の3つの事件が絡み合う結果に。

 

絡み合う別事件3つ
  1. 4年前に瓜生晃次(うりゅうこうじ)がP・ピジョンの経費を横領
  2. 当時、横領犯とされていた経理部長は行方不明(瓜生晃次に殺害&死体遺棄されていた)
  3. 半年前に起きた飛行機事故の原因は瓜生晃次の細工(この事故で双子の母は死亡)

 

そんな別事件があるとはつゆ知らず、整くんは「なんとなく気になる」と直感し、双子(有紀子と実都子)を見分けることに神経を集中させます。

 

物語序盤からさまざまな布石が打たれており、読み応えあるエピソードです。

整くんはその小さな布石を見逃さず、「双子は、実は三つ子なのでは?」という真相にたどり着きます。

 

ミステリと言う勿れ:双子が実は三つ子だった!整くんの謎解きポイント

整くんが「双子ではなく三つ子である」という真相にたどり着いた理由はなにか?

 

エピソードの謎解きポイントをまとめます。

 

三つ子の謎解きポイント1:入れ替わりアピール

整くんが最初に気になったのは、双子たち自身が入れ替わっていることをアピールしている理由でした。

 

双子たちとの会話や、家政婦の詩さんの言動など通して、整くんは次第に「誰が誰だかを特定されると危険だからアピールするのでは?」という結論にたどり着きます。

 

三つ子の謎解きポイント2:双子の母(一葉)の言葉と指輪

生前、鳩村一葉が「自分が長女だって分かる名前だったから、あの子たち(娘)にはそうしたくないけど、結局、順番のわかる名前になっちゃった」と話していたという事実が判明します。

 

さらに、

  • P・ピジョンの本社は、岐阜県中津川市の実戸」(さねと、ではなく”さんと”と読む地名)にあること
  • 一葉の持っていた指輪が「アレキサンドライト(双子座の守護石)」であること

 

この2つの事柄が判明するやいなや、整くんはピンとくるのです。

 

実都子の「実都(みつ)」は、実戸のように「実=さね、都=と」とも読める。
つまり、実都と書いて、地名と同じように「さんと」と読ませる意図がある。
「アレキサンドライト」の「サンド」に引っかけてるのでは?と勘づきます。

三つ子の謎解きポイント3:双子の名前

「実都=さんと」と読ませることに気づくと、整くんの謎解きはどんどんはかどります。

 

実都子の「実都(みつ)」が双子座の守護石アレキサンドライトの「サンド」に引っかけているとしたら、「アレキ」は有紀子(ゆきこ)のことを指してる。
「有れ=アレ、紀=キ」と読ませる意図がある。

 

「アレキ」と「サンド」がいるなら、残りの「ライト」を指した人物がいるはずだと、整くんは推理します。

 

三つ子の謎解きポイント4:飼っている鳩の名前「アイコ」

鳩の名前は「アイコ」で、いかにも人名っぽいことにも違和感を感じる整くん。

 

「もしうっかり口に出しても鳩のことだとカモフラージュするために『アイコ』と名付けたのでは?」と考えます。

 

つまり、もう一人は、以下2つの条件が一致する名前であると推測。

 

  • アレキサンドライトの「ライト」とも読める漢字を使っている
  • 鳩の「アイコ」と同じ名前である

 

整くんの推理を聞いていた詩さんと徹さんは、観念します。

 

そして、一葉の3人目の娘「藍糸子(あいこ)」が登場するのです。

 

「藍糸子」の「藍」はランとも読みます。
なので、「藍=ラ、糸=イト」となります。

 

三つ子の謎解きポイント5:アヒルの色・色えんぴつ

鳩村家には噴水があり、そこにアヒルのおもちゃが浮かべられていました。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
エンタメ・趣味
スポンサーリンク
ぎゅぎゅっとBLOG

Profile

この記事を書いた人
うさこ

『ぎゅぎゅっとブログ』の運営者うさこです。
暮らしに役立つ情報やトレンド情報を中心に発信しています。

運営者詳細はプロフィールページからご確認ください。

WEBライターや商品レビューのご依頼は「お問い合わせページ」よりお願いします。

うさこをフォローする