【ミステリというなかれ・ネタバレなし】ヒロコの手紙の話は何巻(何話)?感想も合わせて

スポンサーリンク
エンタメ・趣味

『ミステリと言う勿れ』で、整くんがひろこの絵手紙の謎を解くエピソードは原作何巻(何話)に当たるかをご紹介します。

  • 『ミステリというなかれ』のヒロコの絵手紙の話は何巻(何話)読める?
  • ひろこの絵手紙の真相には触れず(ネタバレなし)で軽くあらすじをつかみたい

漫画『ミステリと言う勿れ』のネット広告で「絵手紙」のシーンを何度も目にするので気になりますよね。

特に『ミステリというなかれ』はミステリー漫画なので、ネタバレなしで情報が知りたいと思っている人も多いはず。

 

本記事は、以下についてまとめいます。

  • ミステリというなかれ ひろこの絵手紙の話は何巻で読めるのか
  • 真相には触れずネタバレなしのあらすじ(ほぼ筆者の感想w)

 

原作厨である私のブログでは、あくまでも「原作漫画をご自身で購入して読んだ方がおもしろいよ!」という立場で記事を執筆していますのでご了承ください。

筆者は原作すべて購入済み、テレビドラマも視聴済みです!
>>私が漫画ネタバレブログを書くのを辞めた理由【書類送検も損害賠償もいやだ】

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

『ミステリというなかれ』ヒロコの絵手紙エピソードは何巻(何話)?

新幹線でひろこの絵手紙の謎を解くエピソードは、『ミステリと言う勿れ2巻』に掲載されています。

2巻3話(episode3)「つかの間のトレイン」がヒロコの絵手紙の話になりますが、『ミステリと言う勿れ』では珍しく、1話完結のストーリーです。

 

なので2巻を買うだけでも楽しめますよ!

U-NEXTなら、31日間無料トライアルに登録するだけで「600円分のポイント」がもらえます。

  • ミステリというなかれ2巻は462円なので、ポイントで買えば完全無料
  • 登録後すぐに読める
  • 無料期間内に解約すればお金はかからない

ぜひこの機会にU-NEXTを利用してみてくださいね↓

\登録・解約も簡単/
※31日間以内に解約で完全無料です

>>U-NEXTの登録方法を確認する<<

 

2巻にはひろこの絵手紙(エピソード3)の他に、

  • エピソード2【後編】:犯人が多すぎる
  • エピソード4:思惑通りと予定外
  • 幕の内:エピソード2とエピソード3の間

が掲載されています。

 

※ここからは、ネタバレなしの感想です。見たくない人はUターンしてください!

原作2巻3話 ひろこの「絵手紙」を読んだあらすじ&感想

原作2巻3話のあらすじと感想です。

「ヒロコの絵手紙」ネタバレなしのあらすじ

1巻「バスジャック事件(犬堂愛珠の事件)」のあと、久能整くんは広島県で開催される印象派展へ向かいます。

道中の新幹線で隣の席に座った一人の女性(ひろこ)。彼女が読んでいた手紙に描かれた「絵」に目をとめた整くんは、その絵をつなぎ合わせて暗号を解読していきます。

暗号を解読しながら、ヒロコ自身のわだかまりも解きほぐす……。そんなお話です。

2巻3話「つかの間のトレイン」のネタバレなし感想

約40ページで構成されたエピソードで、謎解きのトリックもミステリーのド定番。

ただ!!!!!!!

ラスト5ページで、まさかの大どんでん返し!!!!!

正直、ちょっとゾッとしました……。

原作で読んだほうがネタバレ記事を読むより100倍おもしろいです!

>>ミステリと言う勿れ2巻を楽天で購入する

 

久能整節も健在! 2巻3話の名言はこれ!

「どうしてバージンロードは父親と歩くのが基本なんでしょう?」

引用:ミステリと言う勿れ原作2巻3話「つかの間のトレイン」(作 田村由美)

この言葉を皮切りに、「父親と母親」について整くんの疑問(という名の持論)がさく裂します!

この回で登場するとヒロコという女性は少し複雑な生い立ちでした。「一番大事な人と歩いてください」と言ってくれた整くんにヒロコはきっと救われたはず。

整くんというキャラクターを通して、原作者である田村由美先生の豊かな感性がダダ洩れる。それがミステリと言うなかれの魅力です。

普段生きているなかで疑問にすら思わないことに、改めて「なんで?」と問われると、ハッと気づかされます。

『ミステリと言う勿れは』新しい価値観をもらえるので、読んでいてまったく飽きません。すごい!

 

「ヒロコの絵手紙」はドラマ12話(最終話)で放送されたエピソード

2022年1月10日から始まったドラマ「ミステリと言う勿れ」。

じつは、原作2巻に掲載された「ヒロコの絵手紙」はドラマでは最終話にねじ込まれました(笑)。

ドラマと原作の違いは以下の通りです。

原作の設定ドラマの設定
話数原作2巻12話(最終話)
印象派展の開催地広島大阪
整くんの目的地広島東京
ヒロコの目的地京都
(絵手紙「京都へくるな」)
名古屋
(絵手紙「名古屋へくるな」)

 

若干の相違はあれども、1話完結のストーリーはドラマでも扱いやすかったということですね!

>>ドラマで放送されたのは原作何巻のエピソードかを徹底解説!【原作との違いも語る】

 

『ミステリというなかれ2巻』のひろこの絵手紙はドラマ未放送! 原作で楽しもう!

2022年の1月から『ミステリと言う勿れ(ミスなか)』が月9でドラマ化されました。原作漫画が気になっているならば、筆者としては「まじで面白いから買って損なし!」の一言につきます。

 

本記事のまとめ
  • ひろこの絵手紙の謎を解く話は『ミステリと言う勿れ2巻3話(エピソード3)』に掲載されている
  • 約40ページで構成されたエピソードで、謎解きのトリックもミステリーのド定番。だけどラスト5ページで大どんでん返しが待っている!
  • 月9ドラマでは「ヒロコの絵手紙」は最終回で放送された

 

\登録・解約も簡単/
※31日間以内に解約で完全無料です

 

作品の魅力を語る!

>>整くんの名言から作品の魅力に迫る!なんで「くのう ととのう」という名前なのか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
エンタメ・趣味
スポンサーリンク
ぎゅぎゅっとBLOG

コメント

Profile

この記事を書いた人
うさこ

『ぎゅぎゅっとブログ』の運営者うさこです。
暮らしに役立つ情報やトレンド情報を中心に発信しています。

運営者詳細はプロフィールページからご確認ください。

WEBライターや商品レビューのご依頼は「お問い合わせページ」よりお願いします。

うさこをフォローする