【エクシブ軽井沢の部屋】画像&宿泊料金つきレビュー!混まない・涼しい・新緑映えの5月旅行

スポンサーリンク

 

『エクシブ軽井沢』の画像付き部屋レビューです。

 

2泊三日・夫婦2人・スイートグレードの部屋に泊まった場合の宿泊料金も大公開!

 

  • 『エクシブ軽井沢』の部屋ってどんな感じかな?
  • 宿泊料金はいくらくらい?
  • 『エクシブ軽井沢』の部屋やロビーなどの画像がみたい!

 

エクシブへの宿泊を考えている方なら、こんな疑問をお持ちではありませんか?

 

私自身も、「エクシブ軽井沢って実際どうかな?」と予約前は悩みました。

 

私が『エクシブ軽井沢』への宿泊したのは、2019年5月24日~25日です。

 

私個人の感想ではありますが、エクシブ軽井沢への宿泊を考えてる方の参考になればと思います。

 

上記の景色画像は、雲場池(くもばいけ)です。

軽井沢駅で自転車を借りて、サイクリングしながら観光できる人気スポット!

5月は旅行客も少なく、気候も新緑も気持ちい季節なのでおすすめ。

 

【エクシブ軽井沢の部屋】画像つきレビュー!高評価ポイント3選

 

2019年5月24日~25日、私が宿泊した部屋は『スイートグレードのC1タイプ』です。

 

客室面積:77.19~97.11m² (定員:4~5名)なので、かなり広々としています。

 

『エクシブ軽井沢』のお部屋の良かった点は3つです。

 

  1. 朝~昼頃まで鳥のさえずりが聞こえる
  2. ご飯を食べたあとは畳に寝っ転がってゴロゴロ
  3. 無料でアロマヨガなどのレッスンが受けられる

 

それぞれ解説していきます。

 

高評価1:朝~昼頃まで鳥のさえずりが聞こえる

色合いなどが昭和のホテルな感じですが、清潔感あります

 

まず率直な感想として、『エクシブ軽井沢』のお部屋は年季が入っている印象を受けました。

 

それもそのはずで、エクシブ軽井沢は1990年7月11日にオープンしています。

 

私が訪れた2019年5月24日は、すでに開業してから29年経っているんです。

 

床の絨毯・ソファー・ベッド・その他インテイリアなどにおいては、他の施設と違って洗練された美しさはないです。

 

昭和の残り香漂うお部屋ですが、清潔感はあるので安心してください。

 

まわりが自然豊かなので、朝起きると鳥のさえずりが聞こえます。

朝食から戻って、お部屋で2度寝するのが私のお気に入りの過ごし方です。

お昼頃まで鳥の声が聞こえてくる静かなお部屋なので、癒されます。

涼しいので、ほんとにグッスリ眠れますよ。

 

高評価2:ご飯を食べたあとは畳に寝っ転がってゴロゴロ

 

畳のスペースがあるので、持ち込んだ夕飯をこちらで済ませました。

 

押し入れにお布団があるので、食べたあとはゴロゴロしまくりましたよ~!

 

我が家は賃貸マンション住まいなので、久々の畳で気持ちが良かったです。

 

2人だと広々と使えるので、心置きなく大の字で寝ました(笑)

 

高評価3:無料でアロマヨガなどのレッスンが受けられる

本館のフィットネスルームで、無料レッスンに参加できます。

 

その時々で開催されているレッスンが違うと思うのですが、私が宿泊したときは「アロマヨガ」のレッスンが受けれられました。

 

少人数制で事前予約が必要です。(予約は、大浴場の受付で行えます)

 

私のときは参加者が私1人だったので、マンツーマンでした。

 

30分~45分くらいのレッスンで、トレーナーさんが体の伸ばし方を教えてくれます。

 

軽井沢はパンが美味しいので、ついつい炭水化物中心の食生活になってしまいます。

 

アロマヨガのあとは、とても体が軽くなりましたし、便秘知らずで助かりました。

 

アロマヨガの無料サービスがあると知らずに宿泊したので、運動着がなく、私はあり合わせのラフな私服でいきました。

宿泊するときは、運動用に1着もっていくといいですよ!

 

部屋選びのコツ:エクシブ軽井沢の本館に泊まるなら1番いい部屋を

冒頭でもお伝えした通り、『エクシブ軽井沢』は1990年に開業しているので、かなり年季が入っています。

 

水回り(お風呂や洗面所)も清潔感はあるのですが、正直な感想をお伝えするなら、非日常的なドキドキ感を味わえる作りではありません。

 

お部屋選びを間違えると、女性が「うーん、もっと特別感のあるゴージャスなホテルを想像してたのに…」となりやすいです。

 

エクシブ軽井沢の部屋選びのコツをお伝えします。

 

『エクシブ軽井沢』本館に泊まるならスイートグレード一択!

上から順にグレードが高い(値段も高い)
  • スイートグレード(77.19~97.11m² /定員4~5名)
  • ラージグレード(48.38m² /定員2~3名)
  • スタンダードグレード(38.16~38.20m² /2名)

 

もし、『エクシブ軽井沢の本館』に泊まるなら、迷わず一番グレードの高いお部屋(スイートグレード)にしましょう。

 

私たちが泊まったのもスイートグレードです。

 

グレードの低いお部屋だと、「狭い+年季入っている」なので、女性はテンション上がらないと思います。

 

本館より別館の方が洗練された美しい部屋で人気

エクシブ軽井沢はとても敷地が広く、本館以外に別館が3つあります。

 

上から順にお値段が高い
  • サンクチュアリ・ヴィラ ムセオ:2012年03月30日オープン
    客室/16室(スーパースイートグレード 14室、バリアフリー 2室)内ドギールーム 4室
    ★黒を基調にシック&モダンをきわめたラグジュアリーな部屋で男性も気に入ります。
  • サンクチュアリ・ヴィラ:2004年11月28日オープン
    客室/40室(スーパースイートグレード 36室、バリアフリー 4室)
    ★英国スタイルのインテリアで、お嬢様気分が味わえます。女性が好きな感じのお部屋です。
  • パセオ:2012年03月30日オープン
    客室/32室(ラージグレード 16室、スタンダードグレード 16室)内ドギールーム 8室
    ★本館のスイートグレードと同等のお値段でパセオのラージグレードに泊まれます

 

私のおすすめは、「パセオのラージグレード」です。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
イベント行事・お出かけ
スポンサーリンク
ぎゅぎゅっとBLOG

コメント

Profile

この記事を書いた人
うさこ

『ぎゅぎゅっとブログ』の運営者うさこです。
暮らしに役立つ情報やトレンド情報を中心に発信しています。

運営者詳細はプロフィールページからご確認ください。

WEBライターや商品レビューのご依頼は「お問い合わせページ」よりお願いします。

うさこをフォローする