30代白髪は染めない?染める?隠しきれないときの対策3選!【自宅・美容院・グレイヘア】

スポンサーリンク

 

30代を過ぎると気になり始める白髪。

 

最初は数本だし染めない方も多いですが、30代後半になると急に増え始めて悩みますよね。

 

30代で白髪を染めるか、染めないか迷っている方に向け、本記事では隠し切れなくなった白髪対策を紹介します。

 

髪をくくった時など、白髪が目立って困っていませんか?

 

白髪を染めることのメリットやデメリット、染めない場合の対策なども解説しています。

 

ぜひ参考にしてくださいね。

 

切っても抜いても隠しきれない白髪で悩んでいるのは「私」だけではない!

同年代の髪のきれいな人を見ると、つい自分だけが白髪に悩んでいるような気になりませんか?

でも、30代の50%の人には白髪があり、髪の悩みの1位でもあるのです。

実は、多くの30代女性が白髪に悩んでいるのですね。

 

白髪を切ったり抜いたりするリスクは?

白髪が少ないうちは、白髪を切ったり抜いたりした人もいると思います。

でも、白髪を切ったり抜いたりすることは大きなリスクがあるのです。

 

  • 抜いてしまうと、毛根が傷つく
  • 毛根が傷つくと、くせ毛になったり、生えてこなくなる
  • 増えてしまった白髪を1本ずつ切るのは無理

 

白髪が目立ち始めたら、抜いたり切ったりする以外の対策が必要になります。

 

そこで、多くの人が始めるのが白髪染めです。

 

30代後半の白髪染めデビューが多い!

 

画像出典:ホットペッパービューティーアカデミー調べ「白髪・グレイヘアに関する
意識調査2020」PDFの抜粋

 

このアンケート結果をみても分かる通り、白髪を発見するのが30代で約35%です。

 

30代後半から白髪染めを始める人が増え始め、40代では48.2%が白髪染めをしています。

 

白髪染めは自宅?美容院?

自宅で白髪染めをしている人の割合は、35~69歳女性で約半数の46%にのぼります。「自宅のみ」で染めている人も25%。増税など経済状況の変化から、おうち染めで上手に節約しながら、髪色のおしゃれを楽しむ人が増えているようですね。

引用:kao公式サイト「Blaune みんなの意識調査」

 

  • 自宅で白髪染めをしている 25%
  • 美容院で白髪染めをしている 18%
  • 自宅と美容院で白髪染めをしている 21%

 

白髪染めは自宅で行うという人が多いです。

自宅と美容院で交互に行っている人もいらっしゃいます。

 

白髪染めをするメリットとデメリットは?

30代だと「なんか白髪染めしてる自分が一気に老けた感じがして嫌だ」と抵抗を感じる方もいると思います。

 

白髪染めをするメリット、デメリットを洗い出してみましょう。

 

メリット

  • 若く見える
  • 清潔感がある
  • ブラウン系は表情が明るく見える

 

デメリット

  • 髪が傷む
  • 伸びてきた部分の境目が目立つ
  • お金と時間がかかる

 

人は第一印象が大事ですから、「清潔感」「手入れしている感」は大事にしたいですよね。

 

学校行事やパートなど、まだまだ人前に出ることが多い30代ですから、気になるなら早めに白髪染めするのもアリだと思います。

 

また、最近の白髪染めは昔よりも傷まないようになってきています。

 

私の母が愛用している市販の白髪染めも記事後半で紹介しますね。

 

育児で美容院に行けないときは?自分で染めるときの注意点は?

育児で忙しいと、なかなか美容院には行けませんよね。

 

白髪染めの場合、美容院では2時間程かかってしまうこともあります。

 

美容院に行く時間がない方は、自宅で白髪染めに挑戦してみましょう。

 

初心者必見!市販のヘアカラーの特徴は?

市販のヘアカラーも種類が多くて、何がいいのか迷いますよね。

 

白髪染めデビューの方のために、特徴をまとめたので参考にしてください。

 

種類は大きく分けて3つ

クリームタイプクリームを混ぜて髪に塗ります。しっかりと染まるのが特徴です。残ったら次回に取っておけるものもあります。
泡タイプ手でなじませたり、容器の先端についたくしで梳くだけなので簡単です。数本の白髪やリタッチには向いていません。

 

使用頻度と値段

<使用頻度>全体は2ヵ月おき。リタッチは1ヵ月。

<値段>1000円前後

 

使用手順

  1. パッチテストを行う。
  2. 服を着て行う時は、ケープなどで汚れないようにする。
    顔回りにワセリンなどのクリームを塗る。
  3. 乾いた状態の髪に白髪染めを塗る。
  4. 所定の時間放置後に、シャンプー・トリートメントをする。

 

市販のヘアカラーのメリット・デメリット

メリット

  • 染めたい時に染められる
  • 安価で染められる
  • お風呂に入る時に一緒に染めるなど、時間が節約できる
  • 生えてきた部分にだけできる

 

デメリット

  • 頻度が早いと髪が傷む
  • 染めムラが起こる
  • 思っていたイメージと違う色になる

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
健康・美容・ファッション
スポンサーリンク
ぎゅぎゅっとBLOG

コメント

Profile

この記事を書いた人
うさこ

『ぎゅぎゅっとブログ』の運営者うさこです。
暮らしに役立つ情報やトレンド情報を中心に発信しています。

運営者詳細はプロフィールページからご確認ください。

WEBライターや商品レビューのご依頼は「お問い合わせページ」よりお願いします。

うさこをフォローする